大恐竜展IIが那須野が原博物館で開催中

那須野が原博物館で「大恐竜展II」が公開されていたので見に行って来ました。
夏休み期間中なのでちびっ子がいましたよ。

展示物はたくさんというわけではありませんが、1つ1つの標本が大きくて全体の骨格が分かる展示でした。
実際に見に行って見て、こんなに大きいんだと思いました。

骨の一部だけではわからない全体の大きさが分かるのが良いですね。

この展示のもう1つの目的が、ワークショップ「恐竜の爪 レプリカづくり」。
恐竜の爪をシリコンで型を取ったら、スーパーボールと同じ原料のゴムを詰めて水で冷やします。
数分待つと恐竜の爪が出来上がります。
子供達の長い行列ができていました。

完成した爪はこんな感じですね。
この爪の持ち主は、「ゴルゴサウルス」みたいです。

こういうワークショップは良いですね。
家にも持ち帰れますし、恐竜の爪の大きさも手にとって分かるので。

ワークショップは、夏休み期間中だけのようです。
まだの人は是非行ってください。

ジュラッシックワールドの映画を見てから、恐竜熱が冷めないちびっ子です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする